モグモグは見た!

ワーキングマザーから主婦へ。ハムスターのモグモグは見ていました♪
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/02/13

入院

予定通り、2/10 朝10時に大病院へ入院。

少し早めに家をでて、朝ごはんを食べに行きました。

食べること大好きな私に、しばらく外食できないからな~との
夫の気遣い。車の乗り降りも、いつも助手席側まで来てくれて
すべらないように腕を組んで支えてくれる夫。


書いていて、ふと、こんな人に出会ったことがなかったなと
思います。


入院の手続きは簡単なもので、すぐ病室へ移動し、
入院中に起きる不測の事態に備えた同意書や、スケジュールなどの
書類にサインをしました。

その後、担当してくださる産婦人科の先生から病状と手術の説明を
受けました。

全前置胎盤を疑っていること。

前置胎盤の中で一番危険性が高いこと。

子宮全摘出の可能性があること。

出血量の予想がつかないために、輸血が必要になるかもしれないこと。

縦に切ること。。


はい。  はい。  と返事をしながら聞いていた声が不安で徐々に小さく、
そのうち声が出せなくなっていきます。


先生が「ご本人とは入院中いつでもお話しできますが、旦那様はなにかご不安なことなど
ありませんか?」と言い、夫はいくつか先生に質問しました。

同じ症例を取り扱ったことがあるか。

どのくらいの頻度で起きるものか。


先生の答えは、

この地域で起きる前置胎盤での手術が必要な患者さんはすべて
この病院へ送られてくるので、たくさんある症例ではないが
年間で10件ほどある。

子宮全摘出までしなくてはならないほどの
大出血を起こす方は年間で1名いるかいないかです。

とのことでした。


先生とのお話が終わったあと、夫はいったん荷物を運びに出かけました。
そのころにはなぜか体中が熱く、熱が出ていました。。


大丈夫?と私をのぞきこむ看護士さんに笑顔で大丈夫ですと答えて、
でもなんかすごく暑いです・・と言い、病室に戻り
ベッドに横たわるとすぐ眠ってしまいました。


戻ってきた夫が私をみて

「熱まで出して・・・自律神経がやられてるな?お前はほんとに弱いなぁ」と

困ったように笑っていました。



スポンサーサイト
2015/02/02

震える夫

こんにちは☆

先日、30週目の妊婦健診で前置胎盤と診断され、個人病院から市立病院へ転院となりました。

前置胎盤にも段階があって、私は一番ひどい「全前置胎盤」というやつで
簡単にいうと、胎盤が、産道に乗っかったかたちで赤ちゃんの通り道をふさいでいるので
赤ちゃんが出てこられない、という状態。
産道から出られないので、出産は帝王切開。
その前に大出血の可能性があり、
絶対安静の管理入院 + 出産日まで点滴

大出血しやすいため自己血をとり、輸血に備えるとか。


はーーー


私、こんなに元気なのに!!!


怖いです・・・

入院したくないです。

だけど。

私の死の可能性まで示唆された夫は一刻も早く入院して
万全の対策を取ってほしい様子。

産科の先生からは
「2/9か遅くとも2/16から出産まで入院」と言われているけど

夫は「2/9から入院して!」と言って聞きません。

私はなるべく入院日数を減らしたいので…

「先生が2/16までにって言ってるから、2/15くらいでいいよ。入院を早めたくない」

と意見が分かれてしまいます。


2/14はバレンタインデーで、りんりんのお誕生日なんです。
だから、お誕生日会を自宅でやって

それに・・・
思えば、今回の妊娠は私の年齢のせいか、
上の3人に比べてトラブルが多く、きついことが多かったのですが
精神状態を保てたのは、夫がいつもそばにいてくれて、
話を聞いてくれて、笑わせてくれて、
子供たちが元気で、おバカやって和ませてくれて、
家族をいつもそばに感じていたからこそ、前向きに頑張れたと思うんです。

だから選べるなら、お願いだから
1週間、入院を遅くして。お願い。


妊娠31週目。全前置胎盤後壁、子宮頸管4.5センチ、出血なし。
これが今の私の状態。

今まで出血が一度もないことと、子宮頸管の長さがしっかり長めにあるとのことで
次の検診は2/6になり、張り止めの飲み薬がでました。
次回の検診に、夫も同行するとのこと。
「医者が少しでも2/9の入院を勧めるようなそぶりをしたら
その場で決めるからな!おれはたかが1週間のために絶対後悔したくない」と夫は震えていました。。


そして・・・


2/6の検診。

残念なことに、状況はよくなっていませんでした。




入院は早まり、2/10と決まるのでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。